エギング王国広島 エギング寅さん
アオリイカを求め、エギング寅さんが広島から通うエギング漫遊記

アオリイカ生態のから釣り方が分かる! 8 years ago
アオリイカって奴は・・・

アオリイカ
アオリイカってやつはどうにもこうにもいけやせん。釣って楽しく食って旨い。

こんな面白れえ釣りがあった日にゃあ、オジサン参っちゃうよなぁ。アオリイカってのは、モイカと一緒だってな。

するってえと、なにかい、モイカってのはやつのニックネームってやつかい。粋だネェ。




アオリイカとは

目 : ツツイカ目
亜目 : ヤリイカ亜目
科 : ヤリイカ科
亜科 : ヤリイカ亜科
属 : アオリイカ属
種 : アオリイカ

外見がバショウの葉に似ることからバショウイカとも呼ばれる。その他藻場に産卵するため四国地方ではモイカ、九州地方ではミズイカ、クツイカ、沖縄地方ではシロイカ(シルイチャー)などとよばれる。
胴長は約40-45cm。大きいものでは50cm以上、重さは6kg以上に達する。

胴長50センチどころか、60センチ超えてるぞって奴が見えることあるよなぁ。。。夢は広がるって奴でさぁ


アオリイカの生態

通常は深場に生息(なんだよ、冬場はいねぇのかよ…)、春から夏にかけ産卵のため海岸近くの浅場にやってくる。

海藻や岩の隙間に産卵。卵からは20日ほどで孵化し、幼体は浅い海で小魚や甲殻類を捕食して成長する。

夏には体長数cmの幼体が浅い海で落ち葉のように擬態し、波間に漂う。(これを獲っちゃいけねえよ…)

幼体は沿岸の浅い海で体長15cm-20cmほどまで成長し、冬になると深場に移動する。

どうも冬場は近くにこねぇってことだな。まいったな

アオリイカの食味・食い方

肉質は固く、甘みがある。遊離アミノ酸が国産のイカとしては最高水準であり、旨い。刺身、天ぷら、煮つけなどに利用される。

ちなみに車寅次郎もイカの刺身が好きだったようで、温泉津に滞在し、自称・番頭をしていた旅館で朝からどんぶり一杯の「朝取れたばかりのイカの刺身」にパラッと生姜を利かせて、ササッと食っていたようだ。

エギ寅は、刺身も好きだが天ぷらが最高!と思う。


スポンサードリンク

山元八朗DVD「驚異のグレ爆釣法」
かなり正統派のフカセ釣りを伝承しているDVDです。一見、初心者向けのないようですが、ジックリ「釣りの神の子」八郎先生の手元、竿さばき、立ち居地を研究できる上級者向けのものです。なにより、「指導者」の立場の人には超オススメ。どういう順番で、どういう風に教えていけばいいかプログラミングされています。
ページトップへ▲
Copyright 2009 クロダイ寅さん All Rights Reserved. PRODUCE BY HIROSHIMA STARTLINE