エギング王国広島 エギング寅さん
アオリイカを求め、エギング寅さんが広島から通うエギング漫遊記

第3話 エギングの寅 8 years ago
渡世人・エギングの寅。本格エギング初挑戦

ワタクシ、うまれも育ちも安芸の国広島、芸難病院で産湯をつかい、性は青里、名は寅次郎、人呼んで「エギングの寅」と発します~♪

三三六歩(さんさんろっぽ)で引け目が無い、産で死んだが三島のお仙、お仙ばかりが女ごじゃないよ。京都は極楽寺坂の門前でかの有名な小野小町が、三日三晩飲まず食わずに野たれ死んだのが三十三。とかく三という数字は女の大厄と申します。

第3話は、本格エギンガーデビュー、2008年春の出来事です。

5月3日の夜更けに出発

最強エギンガーへの道のオリャーくんと合流
一路、広島市内の広島銀麗会本部(爆)へ

オーミ会長とまるさんと合流
エギング一味は山陰路、浜田を目指して北へ北へとひた走ります。

エギングマニアのオリャー君とエギング開拓者のまるさんが超意気投合、ふたりの話はディープな方向へと一直線。
素人のオレッちには何が何やら分かりません。まるで英語か韓国語を利いているな感覚。。。
そういえば韓国旅行楽しかったなぁ。。。

0時前には浜田に到着...

さぶっ

とにかく、さむい

燃えているエギンガー達は
メラメラと寒さを忘れてキャスティングゥー

しかし、そもそもエギング初に近いワシは、いきなりメラメラすらはずもなく...

ただただ、寒さに震える子猫のように...この波止は落ち葉に埋もれた空き箱みたい...♪

その後、夜な夜な移動、キャスティングを繰り返すエギング一味・・・

ワシは、あまりの寒さと眠気についにノックアウト

朝を迎える

空が白み始めた頃、場所移動。
たどり着いたそこは、エギンガー達でごった返す釣り場

キャスト、しゃくり、しゃくり
しゃくり、しゃくり
しゃくり、しゃくり
キャスト、しゃくり、しゃくり
しゃくり、しゃくり
しゃくり、しゃくり

なんど繰り返しただろう...

キャスト、しゃくり、しゃくり
しゃくり、ズッシィー

なにやら、まとわりような重みがロッドに伝わる

あれ、藻の塊につっこんだかな????

グググググーーーーー

と、アオリイカの引きと快感が体と脳髄を突き抜ける

「スタッフゥゥゥーーー」ならぬ

「オリャーーーーきてきてーー」とヘルプを要求

締め込みをしっかり味わいながら上がってきた
アオリイカをギャフで引き抜いてもらう。

俺がモタモタしているわりに、すばやく取ってくれた。さすがだ。



胴長26センチ750グラム
その後、刺身と照り焼きとゲソ天、イカ天に変身を遂げたのだ!

乾杯!

ビール→日本酒→芋焼酎のゴールデンコースで、とことん飲んでやった。

さて、そのあと、そのヒットポイントはオリャーに譲り
別の場所で、またしても

キャスト、しゃくり、しゃくり
しゃくり、しゃくり
しゃくり、しゃくり
キャスト、しゃくり、しゃくり
しゃくり、しゃくり
しゃくり、しゃくり

を、繰り替えす。も、さすがにビギナーズラックも連発は無く。
隣の全身ブリーデンアングラーが2キロクラスを釣り
(頼まれて)記念撮影などをしてあげた。

まじかで、ビッグなアオリイカが釣れ、
ボルテージも上がったが、
日が上がると同時に、アオリイカの気配はなくなった。

どうも、エギングというのは、「マヅメ」がかなりの
キーポイントとなるようだ、と学んだのであった。

スポンサードリンク

山元八朗DVD「驚異のグレ爆釣法」
かなり正統派のフカセ釣りを伝承しているDVDです。一見、初心者向けのないようですが、ジックリ「釣りの神の子」八郎先生の手元、竿さばき、立ち居地を研究できる上級者向けのものです。なにより、「指導者」の立場の人には超オススメ。どういう順番で、どういう風に教えていけばいいかプログラミングされています。
ページトップへ▲
Copyright 2009 クロダイ寅さん All Rights Reserved. PRODUCE BY HIROSHIMA STARTLINE