エギング王国広島 エギング寅さん
アオリイカを求め、エギング寅さんが広島から通うエギング漫遊記

雨とエギング 8 years ago


一般的に、釣りはドピーカンの超快晴よりも小雨くらいのほうが良い

例外として、サビキ釣りなど。

臆病なアジなどは雨音が水面をたたくと活性が低くなる、といわれている。
これは、プラス、ファミリーフィッシングの代名詞のようなアジのサビキ釣りであるからして、あまり雨降りの時には出かけない、というのも理由の一つであろう。



エギングの場合、どうであろうか?



アオリイカは雨のときに「良くない」という定説はあるものの、よほどの大雨でない限り影響はない、むしろアオリイカの警戒心が薄れてよいであろう。


だが、やはり大雨には気をつけたほうが良い。水潮が入ると濁りがきつくなる。



視力の良いアオリイカは、目で危険を察知する。

視界が利かないにごり潮のときは警戒心が強まり活性が下がる。


そしてなにより、あまりにごっていたら、

アオリイカからエギが見えない(笑)

j0410082.jpg

スポンサードリンク

山元八朗DVD「驚異のグレ爆釣法」
かなり正統派のフカセ釣りを伝承しているDVDです。一見、初心者向けのないようですが、ジックリ「釣りの神の子」八郎先生の手元、竿さばき、立ち居地を研究できる上級者向けのものです。なにより、「指導者」の立場の人には超オススメ。どういう順番で、どういう風に教えていけばいいかプログラミングされています。
ページトップへ▲
Copyright 2009 クロダイ寅さん All Rights Reserved. PRODUCE BY HIROSHIMA STARTLINE