エギング王国広島 エギング寅さん
アオリイカを求め、エギング寅さんが広島から通うエギング漫遊記

キャスティング より正確に 8 years ago
だいたい、エギングの本やらを読むと、エギングの場合、バスフィッシングと異なり、キャスティングの際はティップの破損を避けるために、タラシ(竿先からエギまでのラインの長さ)は、短めに取りましょう。

と、書いてあり、ほぼ正解なのだが、

秋口に港内などで小型を狙うとき、係留してある船と船の間などを狙うときタラシが長いと

非常に難しい

こういった場合はコントロール重視で軽くキャストするし、2号~2.5号の軽めのエギを使用するので、タラシは短くても大丈夫。

マニュアルに頼らず、自分の感覚で釣りをすればよいのだな、コレが。

体の向きをしっかり投げたい方向に向け、力まずにキャスティングする。

風が強い場合はできるだけティップを海面に近づけて釣りをするとよい。
海面に届くのであればさお先は海につけてしまっておけばよい。


スポンサードリンク

山元八朗DVD「驚異のグレ爆釣法」
かなり正統派のフカセ釣りを伝承しているDVDです。一見、初心者向けのないようですが、ジックリ「釣りの神の子」八郎先生の手元、竿さばき、立ち居地を研究できる上級者向けのものです。なにより、「指導者」の立場の人には超オススメ。どういう順番で、どういう風に教えていけばいいかプログラミングされています。
ページトップへ▲
Copyright 2009 クロダイ寅さん All Rights Reserved. PRODUCE BY HIROSHIMA STARTLINE