エギング王国広島 エギング寅さん
アオリイカを求め、エギング寅さんが広島から通うエギング漫遊記

キャスティング より遠くへ 8 years ago
エギングのキャスティングにおいて、ロッドは硬めのものより若干、柔らかいものが有利といえるる。

と、いえば、すぐに柔らかいものを購入しなくてはならないようだが、春先の3キロオーバーを狙う場合、柔らかすぎるのも不安。

基本的に、エギに対して柔らかいということなので、硬い竿しか持っていなければ、大きい4号クラスのエギをチョイスしたらよい。

とくに、沖へ沖へ、と遠投する、ということは、必然的に大物狙いということになるのだから。

そして、遠投を目指すなら、タラシ(竿先からエギまでのラインの長さ)は、ロッドの半分から、やや長めに取る。

竿を振り回すのではなく、エギの重さを利用して乗っけて投げる感じ。キャスティングはパワーも大切だけど、タイミングがより大切。バッティングと似ていると思う。

タイミングを習得するには、とにかく回数投げる
体が覚えてしまえばあとは簡単なのだ。


スポンサードリンク

山元八朗DVD「驚異のグレ爆釣法」
かなり正統派のフカセ釣りを伝承しているDVDです。一見、初心者向けのないようですが、ジックリ「釣りの神の子」八郎先生の手元、竿さばき、立ち居地を研究できる上級者向けのものです。なにより、「指導者」の立場の人には超オススメ。どういう順番で、どういう風に教えていけばいいかプログラミングされています。
ページトップへ▲
Copyright 2009 クロダイ寅さん All Rights Reserved. PRODUCE BY HIROSHIMA STARTLINE