エギング王国広島 エギング寅さん
アオリイカを求め、エギング寅さんが広島から通うエギング漫遊記

アオリイカの生態 アオリイカは色が分かるのか 8 years ago
アオリイカはジンドウイカ科に属する大型のイカです。
日本では、北海道の一部を除いて、ほぼ全国に生息するといわれています。

とはいえ、10数年前でいえば、瀬戸内海にアオリイカはいたのでしょうか?

存在自体はしていたはずです。
呉市仁方で、リュックのおっちゃん、と呼ばれる、超のつく釣り名人がいました。
イカ釣りといえば、当時は「コウイカ」が、ほとんどでしたが、すぐさま、ターゲットのパターンをつかむのが上手く、ターゲットがどこにいるか探し当てることに長けている、このオッチャンは、ずらーっとならんで、ほかのオッチャンたちがコウイカを釣っている中、たった一人だけアオリイカを釣っていました。

いまでも、その巧みの腕は衰えを見せてはおらず、2008年秋にも1キロ級のアオリイカをバンバン蒲刈磯で釣りまくっていました。釣るイカは1キロオーバー、オッチャンはすでに60オーバーですが、体の一部は、アンドロメダに行って機械化されているのではないかと疑いたくなるほどの超人ぶりです。

さてさて

アオリイカの性格は非常に獰猛で、アジ、イワシ、だけでなく、時には共食いすることも報告されています。

視力自体は非常に良いものの、色自体は見分けられないという事が明らかになっています。

それなのに、色を変えるとヒットしてくることが多々あります。これは色自体の問題でなく、カラーの明るさ、色彩の鮮やかさ、コントラストなどを感知したものでしょう。

DSCN3456.JPG

こんなかんじでモノクロの世界のようだ↓
DSCN3456mono.JPG

スポンサードリンク

山元八朗DVD「驚異のグレ爆釣法」
かなり正統派のフカセ釣りを伝承しているDVDです。一見、初心者向けのないようですが、ジックリ「釣りの神の子」八郎先生の手元、竿さばき、立ち居地を研究できる上級者向けのものです。なにより、「指導者」の立場の人には超オススメ。どういう順番で、どういう風に教えていけばいいかプログラミングされています。
ページトップへ▲
Copyright 2009 クロダイ寅さん All Rights Reserved. PRODUCE BY HIROSHIMA STARTLINE